外国人の会社設立から在留資格取得まで要点チェック

日本人の会社設立と違って、外国人の会社設立は

在留資格を得るという目的もあるため、

欠かせないポイントがいくつかあります。

会社設立編①

「会社設立してマネージャーのビザが欲しい」

という問い合わせをいただくところがスタートです。

電話でのヒアリング事項は

・国籍

・どんなビジネスを希望か

・現在の在留状況は(すでに在留資格があるか、あれば在留資格は何か)

ざっとこのくらいでいいと思います。

料金を聞かれることも多いですが、○○円~とお答えするか、

面談時に大まかなお見積りをする、とお答えし、

明言は避けます。

と言いますのも、案件によって大きく業務量が変わるため、

一概に算出しにくいのです。

余りやすくいってしまって、そのくらいと期待されてしまうと、

あとから高くは言いにくいですしね。

 

面談時の持ち物は、

・パスポート

・在留カード(あれば)

・簡単な履歴書(本国の最終学歴以降)

このくらいでいいと思います。

詳しく話を聞いて必要な書類をお知らせします。

「○○は用意していますが」と、

お客様の方ですでにある程度用意されている場合は、

とりあえず持ってきていただいて、使えるものは使わせていただきます。

 

言葉の問題がある場合は、通訳さんを連れていただくか、

別料金で通訳が必要な旨もお伝えします。